SMARTMODULO

スマートモデューロ

スマートモデューロについて

スマートモデューロは、
「年間10,000棟」の住宅供給を目指します。

21世紀はテロと災害の世紀と言われています。
阪神淡路大震災・中越地震・東日本大震災のような大震災をはじめ、大水害、火山の噴火など、大規模災害の発生件数も世界的な規模で多発しています。

阪神淡路大震災のときには48,000棟、東日本大震災のときには53,000棟の応急仮設住宅が建築され(※1)、建設に要した期間はそれぞれ13カ月と11カ月かかっています。
その一方で、「激甚災害法」によれば、応急仮設住宅の供給期間は、2週間程度と規定されており(※2)、実態とは大きなギャップがあるのは明らかです。
そのギャップを埋めることを目的に誕生したのが「スマートモデューロ」です。

※1 出典・参照元/国土交通省HP「応急仮設住宅建設必携中間とりまとめ」より、資料23ページ部分。
※2 出典・参照元/内閣府HP「被災者の住まいの確保に関する取り組み事例集」の項目5、「応急仮設住宅」より資料3ページ。

展示場とレンタル方式で
緊急災害時の住宅供給棟数「2000棟」を目指します。

スマートモデューロは、レンタル方式でご提供することにより、激甚災害発生時でも、約2週間で2,000棟の住宅供給の移動・設置が可能です。
今日本中の地方自治体で、災害時の住宅ストックが叫ばれています。
広島県を例にとっても、「2週間で2,000棟供給」の数字がクローズアップされました。

スマートモデューロは「現物主義」です。

即時納入できるのがスマートモデューロの最大の特徴です。
注文を受けてから作るのではなく、予め住宅・店舗・オフィス・公共サービス等様々な用途のスマートモデューロを展示場で用意しており、ご要望に合致する物件を選別いただけます。
また必要な期間だけ使用するレンタル方式なので、建設のための初期投資を最小限に抑えることが出来ます。

導入事例

お気軽にお問い合わせください

0493-24-7941

理想の家を建てたい…そんな方へお役立ち情報を発信中です。登録はこちら

Please feel free to contact us!